So-net無料ブログ作成

国民に分かりやすい広報を=専門職4人募集中―厚労省(時事通信)

 年金、介護の話を分かりやすく伝えます―。厚生労働省は、広報資料やホームページなどの作成を担当する専門職員4人を募集している。国民生活に直接かかわる政策を扱っているのに内容が難解と批判されている厚労省の広報を改善しようと、長妻昭厚労相が発案したという。
 新聞社や広告会社で実務経験のある人が要件で、7月から採用する。4人のうち2人は民間企業との間の交流人事の形で、任期最長3年の課長補佐級として採用する。残り2人は任期1年の非常勤職員だが更新も可能。大西証史広報室長は「専門家の力を借りて国民の心に届く情報発信をしていきたい」と話している。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)
<京極夏彦さん>新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
漁船転覆 1人救出、1人不明 大分(毎日新聞)
福島氏、普天間の閣議了解に反対=首相、協議継続を要望(時事通信)
シティバンク副支店長2人を逮捕=タクシー運転手殴る―兵庫県警(時事通信)



妻から病腎移植の男性死亡 宇和島徳洲会病院で3月手術(産経新聞)

 愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院は17日、3月に腎がん患者の妻から透析患者の夫に対し実施された病腎(修復腎)移植の臨床研究2例目の手術で、移植を受けた50代の夫が16日朝、入院中の同病院で死亡したと発表した。死因は不整脈を原因とする心不全とみられるという。

 徳洲会関係者によると、夫の腎機能の状態を示す男性の尿中のクレアチニンの濃度は正常範囲を示していたといい、移植を受けた修復腎は正常に機能していたとみられる。手術と死亡の因果関係は薄いとみている。

 手術は3月3日、親族間では初めての臨床研究として万波誠医師の執刀で行われた。夫婦は2月、摘出した腎臓を、人工透析を受けている夫に移植できないか徳洲会に相談していた。

 病腎移植は、腎臓がんなどの患者から摘出した腎臓を使った移植。宇和島徳洲会病院の万波医師を中心とするグループが手掛け「生体腎、死体腎移植に続く第3の道」と正当性を主張している。日本移植学会などは医学的妥当性を否定。厚生労働省も平成19年に原則禁止したが、徳洲会は臨床研究として21年12月に再開。万波医師らは今年4月までに4例実施した。

【関連記事】
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
病腎移植4例目実施 宇和島徳洲会病院で臨床研究 愛媛
病腎移植3例目、術後は安定 愛媛・宇和島徳洲会病院
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
少子化を止めろ!

“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」(産経新聞)
もう一つのW杯、弁護士サムライ熱く 大阪弁護士会の“得点王”が最終調整(産経新聞)
乗鞍スカイライン 除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)
住宅金庫から1000万円盗まれる 栃木(産経新聞)
近鉄子会社の元社員を逮捕 着服10億円超…FX投資に(産経新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。