So-net無料ブログ作成

<普天間問題>自民、不信任案提出へ(毎日新聞)

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県名護市辺野古周辺に決めたことを受け、野党は終盤国会で鳩山由紀夫首相の政治責任追及に全力を挙げる。自民党は内閣不信任決議案を提出する方針を固め、公明、共産、みんななど野党各党も同調する構えをみせている。【岡崎大輔】

 ◇野党、首相責任追及に全力

 自民党の谷垣禎一総裁は28日、京都府への出張を取りやめて東京・有楽町で街頭演説し、「私たちの案に戻ってきたが、沖縄との信頼関係は完全に破壊された。鳩山さんが辞任するか、(衆院を)解散して国民に信を問わない限り、解決は絶対にできない」と語気を強めた。公明党の山口那津男代表も「『少なくとも県外』と沖縄の関心を引きながら、まったく反対の県内移設が明確になったのは県民への裏切りだ」と首相を批判した。

 自民、公明、共産、みんな、たちあがれ日本の野党5党の幹事長・書記局長は28日、国会内で会談し、普天間問題に関する衆院予算委員会の集中審議開催を与党に改めて求めることで一致。横路孝弘衆院議長に申し入れた。6月16日の会期末が迫る中、「政治的な立場の違いは承知のうえ」(市田忠義共産党書記局長)で結束を強調している。

 政府の対処方針への署名を拒んだ福島瑞穂消費者・少子化担当相が罷免されたことで、批判の矛先は首相の政権担当能力にも向かった。みんなの党の渡辺喜美代表は28日夜、「罷免しておいて(社民党との)連立は維持するのか? 訳が分からない」と首相の記者会見での発言を批判。記者団から連立政権参加の可能性を問われると「応じるわけがない」と一蹴(いっしゅう)した。自民党幹部は「なんという政権だ。今日こうなることは随分前から分かっていたはずなのに、何の手も打っていない」とあきれた様子で語った。

【関連ニュース】
普天間問題:「ジュゴン絶滅する」…自然保護団体が反対
普天間問題:「沖縄差別そのものだ」…撤回求め徹底抗戦
普天間問題:鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見
普天間問題:辺野古へ移設、閣議決定…福島消費者相を罷免
普天間問題:鳩山首相、福島消費者相を罷免

POLYSICS デビュー10周年&カヨ卒業ライブをDVD化!
ウソのような本当の腕時計「Double Axis Tourbillon」
辻元副国交相 辞表提出「辞めるのは寂しい」と号泣(毎日新聞)
口蹄疫特措法成立(産経新聞)
小沢氏政倫審を回避?2度不起訴で民主が消極的(読売新聞)


2010-06-02 06:57  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。